【オールドレンズ】ロシア製「Helios-44-2 58mm f2」でぐるぐるボケ写真を実写レビューと作例紹介

Helios-44-2 58mm f2のサムネイル

昔のレンズでオールドレンズと言われるものが、流行っているのをご存じでしょうか?

オールドレンズは、白飛びや変わったボケがあるのが特徴で、最先端のレンズでは出せないエラーがとも言えます。

今回はそんなオールドレンズの「Helios-44-2 58mm f2」についてご紹介します。

「Helios-44-2 58mm f2」について

焦点距離58mm
絞り最小 f2 – 最大 f16
レンズ構成4群6枚
絞り羽根8枚
撮影距離最短 0.50m – 最大 ∞
フィルター径49mm
マウントM42
重さ230g

オールドレンズの代表格は、おそらくこのレンズだと思います。

旧ソ連時代に出回っていたレンズで、今では歴史が深い代物。

また個体差もかなり多いらしく、それが一段とオールドレンズに火が付いたようです。

「Helios-44-2」のアップグレード版「Helios44-4」についても別記事でご紹介していますので是非そちらもご覧ください。

詳細はこちら

「Helios-44-4 58mm f2)」はユニークな「渦巻き模様」のボケ味を出すレンズです。 そして歴史も深く、たくさんの人に行き渡ったレンズになります。 歴史と作例を合わせてご紹介していきます。 「Heli[…]

Helios-44-4 58mm f21の写真_1

「Helios-44-2 58mm f2」の価格

フリマサイトやオークションサイトでは、だいたい¥1,5000~¥25,000で取引されています。

オールドレンズなのでもちろん中古になります。

下のボタンから「Helios-44-2 58mm f2」を探してみて下さい。

もしかしたら状態がいいものや、格安で出品されているものがあるかもしれません。

「Helios-44-2 58mm f2」の作例

「Helios-44-2 58mm f2」のまとめ

良い点

  • 値段が安い
  • 値段が安い
  • コンパクトで軽い
  • ノスタルジックな写真が撮れる
  • 最近のレンズでは出せないフレアが出せる

悪い点

  • マニュアルフォーカスでしか撮影できない
  • マウント変換用アダプタの購入が別途必要

以上、「Helios-44-2 58mm f2」の紹介でした。

他にもオールドレンズをご紹介していますので覗いてみてください。