【撮影テクニック】これさえ押さえれば夜のポートレート撮影が上手く撮れるコツ3選

皆さんはポートレート撮影と風景撮影、どちらが好きですか?

私はどちらかというと風景撮影の方が好きです。

そんな私ですが、今回は夜間で使えるポートレート撮影のコツ3つをご紹介します。

それでは早速本題にいきましょう!

絞りは常に開放値

NIKKOR HC 50mmの写真

絞りを開放で撮影することは夜間に関係なくおすすめです。

この設定で撮影することにより背景がさらにボケ、被写体が目立つようになります。

ただし「背景に絶景などを映したい!」という場合はある程度、F値を上げる必要があります。

夜間の場合は、絞りを低くすればするほど明るさが上がるので、ISOの上げすぎ(画質劣化)やシャッタースピード下げすぎ(手ブレ)の抑制になります。

マニュアルモードで撮影

それぞれ設定は、絞り→シャッタースピード→ISOの順番に行いましょう。

まず絞り値に関しては、先ほど説明した点を踏まえて設定する。

次にシャッタースピードは、車のヘッドライトやテイルランプの軌跡といった特殊なものを加えない限りは、1/(焦点距離)秒で設定する。
※例えば焦点距離50mmのレンズの場合は1/50で設定

そして最後にようやく、ISO設定をします。

ここでは前述の設定をしたときに、足りない明るさを補うよう設定しましょう。

光源は街灯や電光掲示板で補う

暗所撮影で絶対に出てくる問題として挙げられるのが、露光量不足です。

RAW現像である程度カバーすることはできますが、それでも難しいことがあります。

その場合は街灯や電光掲示板などの付近で撮影すると、沢山光を取り込むことができます。

街灯の明かりを入れて撮影する場合に、おすすめなフィルターも紹介していますので合わせてご覧ください↓

合わせて読みたい

今回はアメリカの会社『TiFFEN』が販売しているフィルター「Black Pro-Mist Filter」について作例と合わせご紹介していきます。 それでは早速本題にいきましょう! TiFFENについて […]

Black Pro Mist フィルター写真_2

夜ポートレート作例

まとめ

暗所撮影はピントが合いづらいことや、ISO低下によるザラツキでせっかくの写真が台無しになったりします。
そんなことが起きないよう、今回ご紹介した点を踏まえて撮影してみてください。