【オールドレンズ】最新レンズに劣らない「Ai NIKKOR 35mm f2.8S」実写レビューと作例紹介

Ai NIKKOR 35mm f2.8Sのサムネイル

人気のオールドレンズといえばNikonシリーズ。

現代になってもその人気は続き、今でも需要があります。

そして今回は広角域の描写力抜群のレンズ「Ai NIKKOR 35mm f2.8S」をご紹介していきます。

それでは早速本題いきましょう!

「Ai NIKKOR 35mm f2.8S」について

焦点距離35mm
絞り最小 f2.8 – 最大 f22
レンズ構成5群5枚
絞り羽根7枚
撮影距離最短 0.30m – 最大 ∞
フィルター径52mm
マウントNikon F
重さ240g

このモデルは 1981年から 1989年まで製造されました。

「Ai NIKKOR 35mm f2.8」と言われる前期レンズのアップデート版になります。

焦点距離はフルサイズカメラで35mm、APS-Cカメラでは、52mm相当で撮影できます。

とても軽くてコンパクトなデザインは、重いものを持ちたくない人にとってはとても良いセールスポイントです。

ゴム引きのフォーカスリングでピント合わせも非常に扱いやすいです。

レンズの前部は約6mm程伸びます。

絞りf2.8からシャープネスに写りとても良好です。

球面収差と色収差がよく補正されています。

f4でよりシャープに写り、f5.6でさらによく写ります。

「Ai NIKKOR 35mm f2.8S」の価格

フリマサイトやオークションサイトでは、だいたい¥1,3000~¥18,000で取引されています。

オールドレンズなのでもちろん中古になります。

下のボタンから「Ai NIKKOR 35mm f2.8S」を探してみて下さい。

もしかしたら状態がいいものや格安で出品されているものがあるかもしれません。

「Ai NIKKOR 35mm f2.8S」の外観

フィルムカメラのNikon F3 HPに装着してみました。

無駄に大き過ぎずまとまりある形です。

Fマウントなので、現在も販売されている一眼レフD850やD780、マウントアダプターを使えば他社製品のカメラでも使用が可能です。

「Ai NIKKOR 35mm f2.8S」の作例

今回はNikon Z7にFTZ(マウントアダプター)を介して撮影しました。

「Ai NIKKOR 35mm f2.8S」のまとめ

かなり前に発売されたレンズではありますが、まだまだ現役です。

扱いやすい画角で単焦点なので、これから単焦点レンズを始めたいという方にはぜひオススメしたいレンズです。

別記事にて、Nikonオールドレンズまとめをご紹介していますので合わせてご覧ください。

合わせて読みたい

2024年版のNikon(ニコン)オールドレンズおすすめランキングを今回はご紹介していきます。 近年、デジタルカメラのテクノロジーは驚異的な進化を遂げ、新たなレンズが次々と登場していますが、一方で古典的なオールドレンズたちも、その魅[…]