【カメラ初心者向け】野外撮影は夏より冬の方がおすすめ?!具体的なメリットについても紹介!

野外での写真撮影は、季節によって異なる魅力を持っています。

夏場は爽やかな印象や明るい雰囲気の写真を撮影できます。

一方、冬での野外撮影はさらにたくさんの魅力が隠れています。

この記事では、夏と冬の野外撮影を比較し、なぜ冬の野外撮影をおすすめするのか、その具体的なメリットについて詳しく説明します。

それでは早速本題にいきましょう!

夏の野外撮影で感じる辛いこと

夏の野外撮影には、魅力的な要素もありますが、いくつかの課題が存在します。

以下に、夏の野外撮影でよく感じる辛いことをリストアップしました。

暑さによる体力消耗

夏は高温で、長時間の野外撮影に耐えるのは大変です。

特に暑さによる体力消耗や熱中症のリスクがあります。

私の場合でも、暑い気候は好きですが長時間の撮影はさすがに辛いです。

強烈な日差し

太陽が高く輝いているため、強烈な日差しが写真に影響を与えることがあります。

過度な陰影などが発生しやすいため、露出の調整が難しいことがあります。

さらにセンサーサイズが焼けてしまう可能性があります。詳しい内容は過去記事にて説明していますので是非ご覧ください。

合わせて読みたい

皆さんは日中撮影をするときに、何か気を付けていることはありますか? 実はあることを意識しないと、ミラーレスカメラが故障してしまう可能性があります。 私の場合、早く知ったことによって故障はしませんでしたが、そのまま使い続けていた[…]

自然の騒音

夏には自然音が多い季節であり、風や鳥の鳴き声などが写真に影響を与えることがあります。

静かな環境を求める場合には、この環境での撮影が難しいかもしれません。

ただし野鳥撮影や綺麗な花を撮影したい場合は、圧倒的に暑い季節がおすすめです。

昼間の時間制約

夏の日中は長く、朝早くから遅い夕方まで明るいため、朝日や夕日を捉えるためには早起きや遅くまで撮影を続ける必要があります。

よくあるのが「夕日撮影をしたいけど、このまま撮影を続けると遅くなるから帰る」と断念するパターンです。遠出をしている場合だと、このパターンはよく起こりやすいです。

冬の野外撮影をおすすめする理由

それではここからは、冬の野外撮影をおすすめする理由について詳しく説明していきます。

冬の野外撮影は寒さ対策が簡単

冬は夏に比べて気温の対策が簡単です。

夏の場合、小型扇風機や保冷剤などありますが涼しくなかったり、すぐにぬるくなってしまいます。

ですが冬の場合は、厚着や手袋などで容易に防寒対策ができます

特におすすめなのは充電式カイロです。

電源を付ければ瞬間的に温かくなり、さらに充電機能も付いています。

過去の記事でご紹介していますので気になる方は合わせてご覧ください。

合わせて読みたい

冬の撮影は手がかじかんで辛いものですよね。 手袋をつけた状態で撮影する方法もありますが、手袋がかさばるため使わない人が多いのではないでしょうか。 そんなときに大活躍するのが、今回ご紹介する「YUSIDO 充電式カイロ」です。 […]

冬の野外撮影は空気が澄んでいる

Ai NIKKOR 24mm f2.8の写真_1

冬は湿度が低く、乾燥した空気のため撮影に非常に向いています。

これによってコントラストが増し、写真の表現にプラスの働きをしてくれます。

つまり星空撮影などは、空気が澄んでいて湿度による歪みが少ない冬に撮影するのが良いです。

冬の野外撮影はお洒落ができる

ポートレート撮影の場合、冬の方が良い写真を撮りやすいです。

理由としては、冬の方が夏に比べてお洒落な着こなしができるからです。

夏のポートレート撮影も当然良いのですが、薄着により表現力が低下する可能性あります。

冬の野外撮影は小顔効果を発揮する

こちらの内容もポートレート撮影で言えることですが、小顔効果が期待できます。

寒い気温で顔が縮まり、引き締まって写ることができます。

写真加工で小顔にすることは当然できますが、不自然に見えることがあります。

撮影時に自然な気温を利用してシュッとした小顔状態で撮影しましょう。

最後に

夏と冬の野外撮影における特長とメリットを紹介しました。

どちらの季節も魅力的な要素がありますが、冬の野外撮影が特におすすめの理由が今回ご紹介した内容です。

防寒対策をし、クリアな景色を楽しんで、おしゃれなファッション写真を撮影し、小顔効果を引き出す冬の野外撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。