ロシア製オールドレンズ「Helios-44-2 58mm F2」でぐるぐるボケ

こんにちは、koji(@koji_nakagawa11)です。

最近昔のレンズでオールドレンズと言われるものが流行っているのをご存じでしょうか?オールドレンズは白飛びや変わったボケがあるのが特徴で最先端のレンズでは逆に出せないエラーでもあり””とも言えます。

今回はそんなオールドレンズの「Helios-44-2 58mm F2」をご紹介します。

「Helios-44-2 58mm F2」について

オールドレンズの代表格はおそらくこのレンズだと思います。旧ソ連時代に出回っていたレンズで、今では歴史が深い代物。また個体差もかなり多いらしくそれもまた一段とオールドレンズに火が付いたようです。

「Helios-44-2 58mm F2」の性能

【焦点距離】58mm

【絞り】最大絞りF2 最小絞りF16 (プリセット絞り方式)

【マウント】M42マウント

【画角】35mm判一眼レフ対応(フルサイズ)

【値段】¥6,000~¥10,000

オールドレンズなのでもちろん中古になります。下のボタンから「Helios-44-2 58mm F2」を探してみて下さい。もしかしたら状態がいいものや格安で出品されているものがあるかもしれません。

実際に撮ってみた

まとめ

良い点

  • 値段が安い
  • コンパクトで軽い
  • ノスタルジックな写真が撮れる
  • 最近のレンズでは出せないフレアが出せる

悪い点

  • マニュアルフォーカスでしか撮影できない
  • マウント変換用アダプタの購入が別途必要

以上、「Helios-44-2 58mm F2」の紹介でした。今後もカメラ関係の紹介をしていきますのでお楽しみに。