カメラ撮影が上手くなる4つの秘訣

こんにちはkoji(@koji_nakagawa11)です。

最近、どこを見ても一眼レフを首にかけている人が多いですよね。

ただ実際のところ、自分が納得のいく写真は撮れているのでしょうか?

今回ご紹介するのはカメラをこれから始めようと思っている人や、未だに上達を感じない人が、どのようなことをすれば上達するか”4つの秘訣“をご紹介していきたいと思います。

そもそも私はカメラ専門の学校行ったわけでもなく、全て自己流で勉強してきました。
そんな私の写真のレベルが気になる方は是非参考までにインスタグラムを覗いてみてください。
(趣味に毛が生えた程度ですがとりあえずこのくらいまではいけると思います)

高機種のカメラにこだわらない

最近よく目にするのが高解像度カメラ。
高いものだと30万越えとかありますよね。

ぶっちゃけ言うと、カメラのスペックなんてそこまで影響しないです。
みなさんインスタグラムをよく見ると思いますが「この写真いいな」とか考える時に何を基準に見ていますか?
人それぞれだと思いますが大半が画質良いと言うより構図が良いとか絶景だからとかじゃないですか?
それに高いカメラを買ったのにこの程度しか撮れないのかとがっかりしちゃいます。

結局のところカメラは重要じゃないんです。
むしろカメラ本体にお金をかけるくらいだったらレンズに投資した方が断然良いです。
それかその資金で海外旅行に行くとか、その方がいいものは撮れる!

なので無理して高機種のカメラを買う必要はありません!

標準レンズより単焦点レンズ

当初私が保有していたレンズは標準のみで、単焦点は正直あまり興味がなく購入していませんでした。
理由としては撮影対象が景色だったからです。
ただ使っているうちに、標準レンズってズームしたりとかであまり自分が動いていないことに気づきました。まさに上達しないのがここでした。
単焦点レンズだとズームができない分どうにかこうにか考え、そして動いて撮ろうとか思うのですが、標準レンズはそこまで考えようって感じがそこまでないです(標準レンズはダメとは言っていませんよ)。

なので単焦点レンズは少なくとも1本は購入そして挑戦していってほしいです。

ポートレートを撮る際は絶対に単焦点レンズでもあります!
(また別の機会に詳しく書こうと思います)

はじめに覚える撮影モードはM(マニュアル)モード

撮影モードには自動のPモードやSモードなどがありますが、それはなるべくなら使わない方がいいです。
近年進化し性能の良いものは沢山出てきていますがそれでもMモード

結局使っていくうちに出てくると思います不満が。
その不満というのが自動だとなんか求めているものと違うなとかあります。

(私の場合はそもそもMモードの操作がよく分からず、ずっと放置でした)

なので先にMモードに慣れておいて損は100%ないです(いずれ覚える時が訪れます)。

なるべく撮影時にちゃんと撮る

よく耳にするのが後で加工でなんとでもなるだろう?
みたいな考え方、結構危険です。
そもそも初心者の方や上達を感じられていない人がいきなり加工ソフトで、編集できますかね?
だからこそ撮った後にこうしとけばよかったと、後悔がないように撮影しましょう!

最後に

いかがだったでしょうか。
私はカメラを始めてからもう約6年近く経ちますが未だに納得いってない写真になることは多々あります。
皆さんは私のように無駄な時間がないよう充実した写真ライフを送ってください。
ちなみに写真の良さのゴールや正解なんてありませんよ!
だからこそ、まずは必要なスタートダッシュからはじめましょう!